RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
やっと届いた「prosolid」端末
やはりと言うべきか…「mova」世代のスペックは低い。

 不満なのか?と思われるが決してそうではない。ドコモのコンセプト端末の一つとして登場した「prosolid」の特徴はなんといっても「薄さ」である。やはり店頭で初めて触ったときもこの薄さには驚きを覚えた。スッキリしたデザインもさることながら、カメラがついていないというのが潔い。ビジネスシーンでの使用を考えたらこのデザインや機能は充分と言っていいほど。キータッチの感覚もいい。大学時代、数ヶ月だけパナソニック製の端末(確か251iだったと思う)を使用していたので操作感覚はすぐ慣れるだろう。悪いが最初から「多機能」なぞ期待していない。欲しいのは「惹き」のあるコンセプト!

デザインのコンセプトはさまに「無印商品」って感じ。

 僕は今回シルバーに萌えてしまいました。シルバーの質感が無印のカードケースとか家電になんかに似ていて、ほんと無印がデザインしたんじゃないの?ぐらいに思う。ただ、ブラックはそう見えないんだよね〜。残念。シルバーはとかくカッコイイ!

ただ…である。ディスプレイがやはり荒い。

 この点だけは今のところ見慣れないので、気に入ってない。文字の粗さが「古さ」を醸し出している。文字の大きさもデカイし、これは次回QVGA対応とかして欲しい。あとフォント。これも何とかしてm(_ _)mというか、このコンセプト後継はでないよな。ますますFOMAに移行できなくなる…

現在のドコモ端末に見る喪失感。

 欲しいFOMA端末が無い。auだと欲しい端末があるんだから、ドコモも作れないこと無いはず。頑張ってとしか言えないけど…
author:アルフォンス, category:携帯電話, 20:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark
結局、「prosolid」の購入に至る。
結構前から携帯電話を機種変したいな〜と思っていて
prosolid」にしようか「901iシリーズ」にしようか
非常に悩んでいたので現物を見ようと先日、京都に足を運びました。

翌日のお出かけを控えた僕はたくさんの買い物を終え、
それからドコモショップに行ったのです。

モックアップの「prosolid」はかっこよかった。マジで
薄さといい、シンプルなデザインといい、ホールド感といい
心にぐっと来るものがあったんですよ。
カメラとかアプリを使わない僕にとっては十分なスペック!
もう「901iシリーズ」のことなどどうでもよくなり、
店員さんに「あの〜これ欲しいんですけど、あります?」と告げると…
「あと黒色が1つあるだけなんです。」とのこと。

超→ショック(T_T)
  
なんでかというと「シルバー色」が欲しかったから。
なのでその日は購入を諦め、夜の真っ暗な中トボトボ家路につきました。
とにかく諦めきれなかったので、家の近くのショップで
予約ってことで購入を決めてきました。
年越しになるんで、まあ来年を楽しみにしております(^_^;)
author:アルフォンス, category:携帯電話, 04:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ブランドネームと型番表示
 携帯に興味を持った年末だったので、ついでに携帯で思ったことを書いてみます。

 個人的に「型番」というのは非常に愛着が持ちにくい。
 現在使用している端末がドコモの「SO505i」には愛称がない。
 ショック!
 ただショックと言うことが言いたいのではなくて…
 
 端末の愛称とは携帯端末そのものにおいて「ブランド」となるものだと思う。
 良い例は「INFOBAR」という携帯端末。
 端末独自のブランドが端末購入の際の大きな要因になるんだとマジ思った。
 三洋製品(厳密には鳥取三洋ですね。)だとあえて表記していない姿勢はすごい。
 今度の「Talby」もそう。デザインのガチンコ勝負です。
 現在の端末市場では「ブランド=デザイン」という図式。
 ブランドネームで端末を購入するというユーザーをうまく創造している。
 機能やデザインがネームを聞くだけでは想起されないが…
 興味を惹き付け、そして端末そのものが記憶に残っていくという効果はあると思う。
 
 型番表示にももちろん好いところはある。 
 型番表示はその端末の機能を連想させるには十分な力を発揮する。
 開発メーカーが明らかになることで、端末の機能やデザインが思い浮かぶ。
 メーカーのブランド力がそうさせているのだと思う。
 機能やデザインが大きく変更しない「枠」があって、
 それが購入者への安心となっている点はある。
 しかし、これまでの「枠」からは飛び出そうとする製品を作れなくしているのも事実。
 それが「INFOBAR」や今回のドコモの新4機種のブランドネームを
 誕生させたのではないかと思う。
 型番表示の良い点は「継続性」という点で発揮されていると思う。
 しっかし、型番で検索はしにくい。
 あと、ドコモユーザーなのでドコモ端末は型番である程度分かるんだけど…
 他メーカーは出す時期で型番が統一されてないし…よく分からん。
 これデメリット。探そうと思って探せない弱さがある。
 

 先のブログにも書いたが今度のドコモの新端末は「愛称」で発表されている。
 もちろん型番もちゃんとある。
 「premini-S」「prosolid」「Music PORTER」「Lechiffon」の4機種。
 あんまり乱立すると、モーニング娘。の名前が分からないのと同じ状況になってしまうが…
 まあこれぐらいなら覚えられそう。
 これからの携帯に大切なのは「愛着」を強めるブランドではないだろうか。

 以下、まとめ。 

 型番は製造メーカーを購入している感覚。

 ブランドネームは端末の個性を購入している感覚。

 これからどちらの比重が大きくなっていくのかと言えば、後者ではないかと思うのです。
 携帯電話が個人のものとして定着してきて、
 かつ使用頻度も時間を経ることで増えていき愛着を覚える。
 その時、その端末が個性を示す一つのブランドとなり得ていたら
 ユーザーとしてはそのほうが嬉しいのではないかと思うから。
 
 携帯端末は「ブランド=デザイン」というのが現在の図式。
 これがどう変化していくのか?
 端末独自の機能か?それともデザイナーか?いろいろ考えられると思う。
 市場飽和を迎える中、重要なターニングポイントにメーカーはきている。
 キーワードは「愛着」で、どうでしょ?

 大学でブランド・マネジメント勉強したわりに安易な回答で…
 教授〜ゴメンナサイm(_ _)m
author:アルフォンス, category:携帯電話, 04:26
comments(5), trackbacks(0), pookmark
きましたよ「901i」ケータイ!
 NTTドコモがやってくれました。

 第3世代携帯電話「FOMA」の新端末「901i」シリーズ5機種を
 今月26日から順次発売すると発表しました。
 大容量の写真送信、着メロのダウンロードなどが可能な
 「パソコン並み」機能を売り文句にしているようで
 追い上げるau(KDDI)を突き放すのが狙いですね。
 これで、携帯主要3社の歳末向け商品が出そろったと思います。

 auの「Talby」といったデザプロの商品や
 次はこれだと言い切ったドコモの「proslid/プロソリッド」などが
 歳末の店頭に並ぶこととなり、非常に嬉しい限りです。

 ドコモの新商品は
 「SH901iC」(シャープ製)
 「F901iC」(富士通製)
 「N901iC」(NEC製)
 「P901i」(パナソニックモバイルコミュニケーションズ製)
 「D901i」(三菱電機製)
 店頭価格は3万5000円程度だそう。←高いよな…。

 つい先月までは「proslid/プロソリッド」で決まりみたいな感じでしたが
 心変わりしまして、「FOMA」を手にしたいなと揺れております。

 さてさて、どうなるのか僕の携帯端末。乞うご期待。
author:アルフォンス, category:携帯電話, 00:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
次の端末はこれに決めた!
 最近、携帯の端末を変えたくなりました。

 現在使用中の端末はドコモの「SO505i」です。
 発売日に速攻購入の思い出深い商品です。
 大画面!リボルバー!外部メモリー!メガピクセル!…すげ〜インパクトだった。
 しかし、時代は変わり、僕は社会人になった。
 今のライフスタイルに合う携帯を今、探し求め歩いている。

 見つけたのがコレです。

 シンプルデザインや単機能追求といった僕好みのシリーズになっているようで楽しみです。
 アプリやカメラについてはこの「proslid/プロソリッド」にはなさそう。
 でも、今も使っていない機能はこの先必要なさそうなのでいらないからいいや。
 シンプルなスタイルの携帯ということで注目の端末です。 

 しかし、昨日まで「au by KDDI」へキャリア変更を考えておりました。
 なぜかというと「EZナビウォーク」を使ってみたかったからです。
 あとデザインがやっぱりドコモより洗練されている感じがしていたので。

 でも、最終的にはドコモに落ち着いてしまいました。
 先日「auショップ」へ実際に見に行って、結構前向きに検討していたんですけどね。
 一応「WIN」シリーズを考えていたので、それを見てきました。
 検討していた「W21S」「W21SA」はデカイですね。
 実際端末が使えたので色々試してきたんで、機能は面白いと思いました。
 でも、大きいってのは結構マイナスポイントになってしまいました。
 
 一時期の携帯の小型化はNECの折りたたみ携帯が世に出されてその流れは変わりました。
 そして、端末の多機能化が進むと同時に携帯の大型化に拍車がかかるようになりました。
 その流れは自然な形で受け入れられました。
 しかし、ここにきて「au design project」スタイルが好評を得るという
 携帯端末にもデザイン志向の流れが生まれました。
 これまで各社の端末の性格を以下のように感じていました。

 広く大衆に受け入れられる端末を目指す「ドコモ」
 〜端末にそれほど差異のない護送船団方式の端末。

 デザインでコアなファン層を開拓しようとする「au」
 〜若年層を中心に機能かデザインのどちらかへの特化端末。

 世界標準というコンセプトで端末を開拓する「vodafone」
 〜グローバル戦略をコアに展開する機能が見えない端末。
 
 今後はこれらのコンセプトが今後は混ざり合って、
 新たな端末の方向性が示されていくものと思います。
 それに関しては「WPC EXPO」を参考に。

 後は支払い金額がどうなるかのシュミレーションですね。
 家族割引と2ヶ月繰り越しの効果はデカイ!
 ポイント利用についても家族分が一気に使えるので非常にいい!
 結局、乗換コストは高いという結果でした…。

 ともかく新端末「proslid」に期待しております。
 対抗できる端末をあげるとすれば「au」の「Talby」ですかね。

 冬モデル商戦時に僕の気持ちはどこに行っているのでしょうか?
 さてさて、楽しみです。
author:アルフォンス, category:携帯電話, 18:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
番号ポータビリティ
 携帯電話の事業者を変更しても、番号を変更する必要がないシステム
 「番号ポータビリティ」(MNP:Mobile Number Portability)
 というサービスが2006年夏には導入が見込まれています。
 で、番号が変わらないとなると…ユーザーはどう動くのでしょうか?

 こんな記事を見かけたので気にしてみました。
 番号ポータビリティ調査、「au」乗り換え意向が上昇
 
 現在、僕はドコモユーザーであり、ソニー端末を利用しています。
 まあ個人的な意見ですけど、このサービスが提供されたら
 僕は「au」の端末に乗り換えようと思っています。
 色々と問題、課題が総務省やキャリア間で話し合われたと思います。
 そんな流れをふまえまして、個人的な感想を。

 僕はコストを支払ってでも、同じ番号にこだわります!
 キャリアを変えなきゃいい話なんですけどね。
 でも、最近ドコモの端末に魅力を感じなくなってきているんですよね。
 
 サービスも多様化の一途をたどっていますが、あまりここら辺はどうでもいいです。
 数百円の争いなんて勝手にして下さいって感じです。
 データ通信に関しては定額サービスが安定化してくるだろうし、
 音声通信についても価格は安くなるサービスが充実してきているので
 特に価格面での不満は今のところ特にないのが現状ですが、
 不満なのは端末の性能やデザインについてですね。

 ドコモは基本的に保守的な端末を作ってきているなって感じ。
 FMラジオとかテレビ機能とか新しいメディア・エンターテインメント
 サービスを融合させてきている他者とは一線を画している感じを受けました。
 「お財布携帯」というコンセプトがドコモにはありますが、
 僕は求めていないのでどーでもいいです。
 保守的なデザインや決済機能が何も悪いわけではないですけど、
 個人的には面白味に欠けるように映ってしまって。
 決済機能では暇はつぶせないですよ〜。
 端末そのものにおもしろさやかっこよさを求める僕にとって、
 auやボーダフォンは手に取ってみたい端末していると思います。
 
 ということで、一応番号ポータビリティには期待しております。
author:アルフォンス, category:携帯電話, 00:18
comments(0), trackbacks(0), pookmark
期待はずれな「D900i」
 今日、NTTドコモからD900iが発売されました。

 携帯が1年を経過したことで、買い換えも視野に入れていたのですが…
 その第1候補がこの「D900i」だったのです!
 なぜならドラクエやFFが最新FOMAでやりたかったからに他なりません。
 しかーし!
 
 「D900i」、ドラクエ・FFは“非対応”
 
 ちょっと待ってくれ〜(泣 
 買い換えの第2候補なんてないから必然的に「買い換え延期」となりました。
 くそー「三菱」め…

 価格ではなんと、「D900i」、2万円台半ばで登場らしいです。
 価格では比較的受け入れられそうですが、機能面がダメ。
 ただゲームができないってことですが、僕にとっては致命的です。

 しゃあない。次世代「901i」でも待とうかな。
author:アルフォンス, category:携帯電話, 19:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark