RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
耐震計算偽造問題。プロの堕落…
今、問題の「耐震計算偽造問題」に注目してみた。

 国土交通省は17日、千葉県市川市の建築設計事務所が、首都圏のマンション20棟とホテル1棟の耐震強度を測る「構造計算書」を偽造していたと発表した。国指定の民間確認検査機関も偽造書類を見抜けず、このうちホテルを含む14棟が完成済みで、少なくとも川崎市と船橋市のマンション2棟が耐震基準に到達していなかったことが判明。鉄筋などの数が少なく、必要強度の3〜7割で、震度5強程度の地震でも倒壊する恐れがあり、同省は同事務所や事務所とかかわった設計者らを建築基準法違反容疑などで警視庁に告発する検討も始めた。


今回偽造された『構造計算書』とは?

 重力や風圧、地震などの外部からの力に建造物が耐えられるために必要な鉄筋の本数や柱の太さを計算した書類で、建築士が作成する書類。マンションやホテルなど一定の規模以上の建物については、建築基準法に基づき、建主は建築確認をする際に、行政機関か民間確認検査機関に設計図とともに提出することが義務付けられています。(一般的な木造2階建て住宅などは提出は不要)

その偽造をしたのが『姉歯建築設計事務所』。

 ニュースの会見を見ていると、この事務所の経営者:姉歯秀次1級建築士(48)は問題を他人事のように淡々と述べるばかりで、自分の仕事に対してなんら反省が内容に見受けられた。「安く仕上げろ」という業界の風潮に言及し、チェック機関の甘さも指摘。自分のことは棚に上げての回答…。いやはや、こうなると醜いばかり。

問題の欠陥は「建設業界の体質」にあると思わせる結果。

 姉歯建築設計事務所(千葉県市川市)が建築確認に使う構造計算書を偽造していた問題で、耐震不足の恐れがある首都圏のマンションとホテル計14棟のうち、9棟が中堅建設会社の木村建設(熊本県八代市)の施工だったことが19日、国土交通省などの調査で分かったそうです。
 
 また13棟のマンションのうち7棟は、中堅マンション販売のヒューザー(東京都千代田区)が発注した物件で、設計を請け負った3業者が東京都の事情聴取に対し、姉歯事務所への構造計算の委託が、いずれもヒューザーの意向だったと答えたことも判明しました。

 やはり「業界の体質」なのでしょう。消費者は「グル」だったと判断するはずです。この建築士に構造計算書の作成を下請けに出した設計事務所や、建築工事を請け負った業者、施工主などは、不審に思わなかったんですからね〜。当然、分かってての発注に決まってますよ。

 これらの問題は氷山の一角だと思われますが、きちんとした仕事をしていると思われている設計事務所なども今後、その仕事を問われてきそうですね。迷惑な話ですが「問題があるとどうしてもそれを野放しに出来ない行政の意向」のもと、対策が図られるでしょう。金融庁の脅しに屈服していく金融機関のように…。今の仕事を放りだしてもしなきゃいけない「後ろ向きの仕事」なんて、気力の萎える仕事に決まってます。誰が裁かれるのか…、行政の事なかれ主義の結果が生んだとも言える問題、国は誰を人質にしてこの問題のガス抜きをするのだろうか?そして、住民、ホテル経営者等の消費者への賠償はどうなるんだろう?
author:アルフォンス, category:日記, 08:59
comments(1), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:59
-, -, pookmark
Comment
sdasad
dfs
sdffdsds
asd, 2006/03/24 6:53 PM









Trackback
url: http://shimura.jugem.cc/trackback/536