RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
野ブタ。をプロデュース第5話「Wデート作戦!」
デートを成功させるポイント。

 最後に「今日は楽しかった(^o^)」って伝えること。ん〜、勉強になった。

今週は野ブタ。(信子)に『ラブレター』が届く。

 僕、久しく『ラブレター』なぞもらってないなぁ〜(笑)。いいなぁ〜青春じゃん(>_<)さて、ストーリーですが、人気が全くない野ブタ。でしたが、修二の友人?シッタカくんから『ラブレター』が届きます。修二は「信子に足りないのは男にこびるしぐさ、テクニックだ!」と思っており、Wデート作戦をプロデュースして、信子に恋の経験をさせようと思いつくワケです。しかし、デートすることでテクニックって身に付くのか?まあ、どうしたら好かれるかなって考えはしますし、ずれてはないのか…。

「期待に応えたかった」と思う信子。そして「ありがとう」って。

 デート終盤。シッタカと信子は水族館で倒れて泡を吹いているおじいさんを目撃します。おじいさんを懸命を助ける信子、その手にはおじいさいの泡が付いていて、シッタカが信子のバックを渡す瞬間に信子の手に触れたシッタカくんは思わず「キタナイ」と言ってしまいます。信子は完全に彼に対して醒めてしまいます。そりゃそーですよ。…ああ、プロデュース失敗です。

 みんなまわりと適当にうまくやってると思っている、かつ自分本意なプロデュースを打ち出す修二と、修二と彰の期待にきちん応えたいと思っている信子の対比が今週は印象的でした。そんな中、徐々に修二も信子も変わってきてますね。見ていてほのぼのします。
”私はいつも2人にボールを投げてもらってばっかりなんだよね。
 でも受けるのが精一杯。だからいつかそのボールを投げ返したいと思ってる。
 2人のグローブにポンって届くように投げ返せたら気持ちいいだろうな”

って、信子の気持ちが素直に表現されていてすごく感動しました。一方の修二も野ブタ。を真剣に人気者にしたい、普通の女の子みたいになってくれることをすごく期待している気持ちが表現されていてすごく良かったです。2人の願いが叶うことを最終回まで楽しみにして、土曜日を心待ちにしています。
 
誰かひとりだけ、本当の事を知っていてくれたら十分

 一方的に寄りかかるだけじゃなくて、お互いがそんな関係になれたら幸せですね。勉強になった。
author:アルフォンス, category:テレビ, 17:57
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:57
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://shimura.jugem.cc/trackback/527