RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
交響詩篇エウレカセブン#21「ランナウェイ」
傷ついた少年は家出する。

 レントンは言う「人間、苦しいときにでもお腹はすくんだね。腹が減ったのは食べれば収まる。でも胸の苦しみは収まらなかった。こんなに苦しいのに誰も優しい言葉の一つもかけてくれない。」と。そして家出を実行に移す。戦争をしていたんだという自覚のなさ、頼りにされない境遇…いろんなことの重なりは彼を追いつめたみたい。あるよね「辛いのに誰もかまってくれない」って子供っぽい我が儘と自分の居場所がないんじゃないかって不安ってやつ。分かるんだけど、そのガキっぽい意見が視聴者をイライラさせますね〜

助かるエウレカ。オトナになれないホランド。

 今週は重くなかったです。オンタイムで見たので、重かったらどうしようかなと不安でしたが軽〜く見れました。とりあえずヒロインは原因不明の状態から非西洋的な処置により回復が決定。謎が謎を呼ぶ感じ。僕はこれで良いと思う。謎がある方が面白い。相変わらずホランドはオトナになれないっすね〜。
author:アルフォンス, category:アニメ, 11:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:30
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://shimura.jugem.cc/trackback/462