RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
郵政民営化について勉強。
郵政民営化の内容を確認してみたいと思い、筆をとります。

 2004年9月、政府は郵政民営化の方針を閣議決定しました。内容は以下の通り。廃案になってしまったから、いまさら勉強しても仕方ないのかもしれないですけどね(笑)

2007年度に民営化を始め、2017年までに「完全民営化」を果たす。
⇒浩公社の4部門である郵便・郵貯・簡保・窓口ネットワークを分社化し、2007年時点では政府が100%出資する持株会社の子会社とする。
M甲と簡保については、2017年までに株式をすべて市場に売却し完全民営化とする。
2017年以降も郵便と窓口ネットワーク会社を保有する持株会社の1/3の株式は国が保有する。郵便のユニバーサル(全国均一)サービスは確保する。
ネ甲と簡保の民営化前の旧契約については「公社承継法人」がこれを引きつぐ。
α觚ネットワーク会社は、郵便・郵貯・簡保会社から窓口業務を委託される代わりに、これらから手数料を受けとって運営する。業務内容も幅広い業務ができるようにする。


よくニュースで報道される「特定郵便局」とは?

 分社化後の「窓口ネットワーク会社」は現在の「特定郵便局」を指します。実は現在、特定郵便局は全国郵便局数2万4700局のうち1万8900局を占めています。その始まりは明治政府が郵便制度を整備させるために全国各地の名士を選び、公務員という名誉と引き換えに郵便局用の土地建物を無償で提供させたことからだそうです。なので、いきなり「ハイ、お疲れさん」と政府が引導を渡すのはかわいそうな気もします。しかし、現在集配業務は普通郵便局(大きな郵便局)が担当しており、窓口業務のみなのです。これを今後、残る3社から窓口業務を委託され手数料商売をしなさいというのである。つまり業務内容は大きく変わりません。考えてみればそんなかわいそうな話じゃない気がします。何が変わるのか…既得権益です。

 彼らが守りたいものは「\そ院↓不転勤、私有局舎、じ務員」という4点!ネットワーク会社の個々の郵便局が独自に郵政3事業の会社と業務委託契約すれば3点は守れると思うんですけど。ま、本音では一番守りたい「公務員」という立場は失ってしまいますがm(_ _)m

 まとめるとメリットはこんな感じです。´⊃討ら子へ、子から孫へと世襲的にその地位が受け継がれる。M絞惷匹療效呂箏物は郵便局長の所有物であり、国から家賃収入が得られる。ざ苗垢蝋颪ら給料が支払われ、国家公務員としての待遇が保証される。あとあまり知られていないのですが、サ詢舛箸亙未法年約500万円の経費(渡切費/領収書不要)が支給されるそうです。いやー、特定郵便局ってのはうまみのある商売なんですね。
 
民営化すると過疎地のサービスが出来なくなるという虚言。

 過疎地であろうが特定郵便局は集配業務をやってないんですから、たとえ村から郵便局が消えてもポストを今と同じように置いていれば郵便は出せるし、もちろん配達もなくなることはないのでサービスは残ります。郵貯の引出しも人の集まる場所、例えばコンビニか役場なんかにATMを置けばいいでしょ。ここで切手とか売るようにすれば問題ない。郵貯の新規加入は郵便やインターネットでできるようにすれば問題ないしね。実際、民間生保では県庁所在地からがんばって山間過疎地にまで訪問して契約をしてもらってるようですから、分社後の簡保の社員も訪問してきてくれると思います。と、挙げればな〜んか問題ない気がする。郵便局が無くなることが問題ではなく、サービスが継続して受けられるかが問題なのです!(あくまで特手郵便局が無くなってもサービスが継続可能かどうかを論じているだけです。採算性については次に述べます。)

もはや「人の温もりあるサービスがなくなるんだ!」と叫ぶしか残された道はありません。

採算性というどーしても避けられない課題。

 全ての事業(郵便、郵貯、簡保)に言えることなんですが、過疎地でのサービス提供は形を変えて出来るとは思います。しかし、その事業そのものが過疎地単体で利益を生むかと考えれば、土台無理な話だというのは理解しています。窓口ネットワーク会社をスリム化することで固定費を低く抑える工夫とか、全体として最終的に収益があがる構造を作らないと過疎地サービスの継続が非常に難しいものとなってきます。ここが新会社が取り組むべき問題であろうと。そのためには競争に勝ち、収益性を確保するという民間会社としての考え方・哲学が必要になります。公務員とは違う、価値観が必要とされるわけですから現場はキツイと云わざるを得ないでしょうね。
author:アルフォンス, category:政治, 17:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:58
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://shimura.jugem.cc/trackback/426