RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
僕も「i Pod」を買おうか悩む。
日本版iTunes Music Store、わずか4日間で100万曲を販売

 アップルコンピュータは2005年8月8日、音楽配信サービス「iTunes Music Store」の楽曲販売数が、8月4日のサービス開始からわずか4日目で100万曲を突破したと発表しました。

 これまで国内最大手の音楽配信会社は「Mora(モーラ)」でした。一気にこれをアップル社はひっくり返してきました。スゴイですね〜。しかし、Moraのサイトはソニー色がキツイですね。対応プレーヤー、PSPとの連動などが。ま、SMEが筆頭株主では当たり前の結果デス。

 アップルのすごいところは、まず提供する楽曲の90%を150円で配信すると発表したこと。(これにつられて前出のMoraは値段引き下げを断行しました)またコピー制限を撤廃。そして提供楽曲数が100万曲という多さが彼らの提供するサプライズだったのです。

 対応メディア(携帯デジタル音楽プレーヤー)が「iPod」しかないという現実には凹む。だって、僕の所有するのが違うプレーヤーだから(>_<)買って半年…もう買い換えの時期かも

iPod+iTunes】(公式サイト)

 これまでレンタルショップでCD借りてきて、MP3にしてな〜んて面倒なことをせずとも自宅で気軽に最新の楽曲を手にすることができるサービスはこれから広がっていくことでしょう。そのきっかけとして「iTMS」はるんでしょうね。ただ、国内の全音楽レーベルが参加しているわけではないですし、全ての曲がここから手にはいるわけではないようです。ショック!現時点では使い分けをしていかないといけないんですね。
author:アルフォンス, category:音楽, 09:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:24
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://shimura.jugem.cc/trackback/424